猫耳インフォメーション

生活や子育てなどの役立つ情報や時事系のニュースについて発信しています。

子供の長引く耳垂れ…慢性中耳炎?ではなく、危険な病気のサインだった!

子どもに多い中耳炎

 

私自身経験がなく、

 

長男次男も耳の病気とは無縁。

 

 

ですが三男が確か幼稚園年長の時。

 

初めて耳から汁が垂れてくるのを見て、

 

何やこれとΣ(゚д゚lll)

 

ビックリしたものです。

 

 

でも聞けば主人も中耳炎はよくなったと。

 

周りの子も夏のプールの時期には

 

しょっちゅう病院通いということもよく聞き、

 

あら、よくあることなのねと^_^;

 

最初から安心してかかり、

 

特に問題視してなかったのです。

 

 

これがその後、

 

大変な病気だったと気付くまでは…

 

 

 

いつまでも治らない耳だれ

 

 

f:id:nekomimimama:20190801125641j:plain

 

近所の耳鼻科に連れて行くと、

 

案の定中耳炎と診断されました。

 

飲み薬と、点耳薬をもらってしばらく様子見とのこと。

 

おかげで耳だれも次第におさまり、

 

症状はほんとにこの、耳だれだけだったので、

 

あっさり治るもんなんだなーと、

 

すっかり安心して、

 

プール授業にもすぐに参加させました。

 

 

でも、

 

薬がなくなって数日経つとまた耳だれが復活。

 

また薬をもらいに行って、

 

飲んでまた治る。

 

ということがしばらく続きました。

 

ひどいのは主に夏場で、冬は少しマシ?

 

なので私も油断して、

 

薬をもらいに行かない時期もあり…

 

三男も痛みや不快感など特に何もなかったことから、

 

なんとなくスッキリとはいかないまま、

 

気付けば最初の中耳炎の診断から2年も経っていました。

 

 

 

 

耳が全然聴こえてない!!

 

 

 

小学2年生の春の健康診断で、

 

聴力検査を受けました。

 

その結果がよくなかったようで、

 

かかりつけを受診するようにとの紙を、

 

学校からもらって帰ってきました。

 

 

そこには聴力検査の結果、

 

耳の聴こえレベルの数値やったのでしょう、

 

私にはわかりませんでしたが、

 

耳鼻科の先生が紙を見てビックリ!

 

左耳全然聴こえてないやんとΣ(゚д゚lll)

 

即刻切開して、

 

耳垂れの元である膿を出しきることになり、

 

鼓膜をレーザーで焼かれました。

 

かなり痛がっていましたが、

 

これで中の膿も出てスッキリ治る!

 

耳の聴こえも戻る!

 

私はよくわからないだけに、

 

まだ安心モードに浸っていたのでした。

 

 

 

ところがところが、

 

数日後の聴力検査でも、

 

聴力は全く戻っていませんでした。

 

首をかしげる先生。

 

さすがに不安になった私…

 

 

 

もしかしてと、

 

先生から初めて、

 

ある病気の可能性を知らされました。

 

確認するためにCTを撮って、明らかに判明。

 

病名は、

 

真珠腫性中耳炎でした。

 

 

 

 

ギリギリセーフで即手術!

 

 

 

真珠腫性中耳炎とは、

 

簡単に言うと、

 

耳の中側に皮膚の一部だそうですが、

 

白い膿が溜まる病気です。

 

中側だから初期では症状が出ず、

 

耳の中でいっぱいになって内側から鼓膜を破って漏れ出てきた…

 

それがこの耳だれでした。

 

 

今回も然り、

 

最初は単に中耳炎と診断されることが多いとのこと。

 

しかも三男は先天性だそうで、

 

生まれながらにもっていて、

 

生後からずっと、

 

この膿が少しずつ溜まり続けていたことになります。

 

この膿が白くて真珠のように丸いことから、

 

この名前がついたそうな。

 

いや実際見てみたらそうでもなかったけど(・・;)

 

 

この病気で怖いのは、

 

その膿…真珠腫は、

 

周りの組織や骨を次々と破壊し、溶かしてしまうということ。

 

 

8年間も増殖し続けていた三男の真珠腫は、

 

脳みそとの境界である膜ギリギリにまで至っていたようです。

 

 

もしその膜も溶かしてしまっていれば、

 

真珠腫は脳にも達し、

 

髄膜炎など、

 

重篤な病気に至る可能性もあったとか。

 

怖い…(ーー;)

 

 

耳が聴こえていなかったことも、

 

聴力を司る耳小骨という、

 

3つの小さな骨が溶けてなくなっていたことが原因でした。

 

 

3つ全てなくなっていれば、

 

もう一生聴こえないままと言われましたが、

 

幸いにも1つだけ残っていることがわかり、

 

聴力も回復できるとのこと(*゚▽゚*)

 

 

この手術は1年おきで2回するのが主流のようです。

 

 

1回目で真珠腫をできる限り取り除きます。

 

1回目の手術に関してはこちら

 

>>子供が真珠腫性中耳炎で手術!時間や入院期間はどれくらい?

 

約1年後の2回目で、

 

1回目で取りきれなかった真珠腫の除去と、

 

聴力の改善をするのだそう。

 

2回目の手術に関してはこちら

 

>>子供が真珠腫性中耳炎の手術で聴力の改善へ!

 

 

真珠腫の発見も、

 

聴力が回復できることも、

 

どれもギリギリのところでなんとか助けられ…

 

本当に感謝です!

 

 

見つけてくれた先生、

 

手術してくれた先生、

 

おじいちゃんおばあちゃん、

 

ご先祖様本当にありがとうございます

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

 

 

最後に

 

 

この病気、

 

たとえば私のような大人がなった場合は、

 

頭痛、めまいや吐き気など、

 

辛くて立ってもいられないほど大変な症状がでるらしいのです。

 

その点子どもはそうしたところは強いのか?

 

三男に関しては、

 

よかったのか悪かったのか、

 

耳だれ以外の症状は全くナシ。

 

でもこうして何かの形で表してくれてよかった。

 

手遅れにもならずに済みました。

 

 

あまり神経質になるのもよくないですが、

 

は!これはもしや!Σ(-?_-??)

 

なーんて、

 

ここぞという時にはアンテナがピンと張るようなw

 

日頃から多少なりとも緊張感を持って、

 

正しい生活を送りたいものですね(^-^)