猫耳インフォメーション

生活や子育てなどの役立つ情報や時事系のニュースについて発信しています。

赤ちゃんの足の指が多い…あれ?誕生のその日に気付いた異変

こんにちは☆

男の子三兄弟のママ、ねこみみです(^-^)

 

10ヶ月の妊婦生活を経て、

 

いよいよ出産の時!

 

初めて出会った赤ちゃんとのご対面は、

 

何人目であっても何回でも嬉しいものですね(*'▽'*)

 

でも、そんな記念すべき日に、

 

赤ちゃんの異変に気付いたら…?

 

 

赤ちゃんの足の指が多い…!

 

f:id:nekomimimama:20190415130020j:plain

 

我が家の次男のこと。

 

大変な思いをしてやっと出てきてくれた!

 

嬉しくて、すぐに母子同室にしてもらい、

 

次男の頭のてっぺんからつま先まで。

 

まじまじと、幸せな気持ちで眺めていました(o^^o)

 

 

とその時、

 

あれ、なんやこれ?

 

右足の人差し指に目が止まりました。

 

新生児の指なんてもうほんとに小さい!

 

足の指の爪なんて米粒の大きさもないほど。

 

でも確かに、その米粒にも満たないものが、

 

人差し指には2つありました。

 

 

ん?こっちはゴミかな、ホコリ?

 

払っても取れません。

 

1本の指に、

 

しっかりくっついた異物が並んで2つ。

 

よくよく見ると、

 

指そのものもハート形のような?

 

不思議な形をしていました。

 

 

あーこれは…

 

 

私は意外と冷静に、看護師さんを呼びました。

 

 

 

足の指が6本!

 

 

私の話から看護師さんもすぐに右足を確認してくれました。

 

看護師さん「お母さん、落ち着いて聞いてくださいね。これは恐らく多肢ですね。

 

 

やっぱり。

 

翌日きた小児科の先生にもきちんと診てもらったところ、

 

次男は、「先天性形状異常多肢症」でした。

 

人差し指がハート形に見えたのは、

 

本来の人差し指から枝分かれするように生えて?きた、第6肢だったのです。

 

そして払っても取れなかった異物はやはり爪でした。

 

 

でもやはりどこか冷静で、そしてホッとしていた私。

 

なぜなら、

 

少ないのでなく多い方でよかった!!

 

と思えたからです。

 

 

ずっとこのまま?多肢であることで体への影響ってあるの?

 

 

次男の右足は多肢症であることはわかりましたが、

 

内科的な体への影響はないとのこと

 

あくまで美容の、

 

見た目の問題のみということでした。

 

 

ただ次男の場合は後日のレントゲンの結果より、

 

指、爪だけでなく、骨もしっかり枝分かれして形成されていることが判明∑(゚Д゚)

 

それでも、

 

症例の多い、安心できる病院を紹介して頂き、

 

多肢切除術なる手術を受けることができました!

 

次男3歳0ヶ月の時でした。

 

 

大阪母子医療センター形成外科

 

 

入院から手術、その経過はまた別記事で紹介したいと思います。

 

 

最後に

  

赤ちゃんはみんな、

 

当たり前に五体満足で生まれてくるわけではないんですね。

 

どんな子であっても我が子!

 

みんな家族!

 

我が家に来てくれてありがとう(*≧∀≦*)

 

 

子ども達との時間をいつも大切に過ごしていきたいものです。